画像のタイトル

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

朝、目が覚めて布団から出るのに数十分かかります。爺です。

いっそ布団を纏いながら生活出来たらいいのにと真剣に考える事が最近の日課です。

さて、そんな妄想に夢一杯な大人のモンハンの話。

いよいよ10.0が開幕し、新アクションやら嵐の型等に期待を膨らませながらも爺が最初にやった事はと言いますと、

剛猫武器の生産でございます。

この武器は生産自体は比較的楽に出来る代わりに攻撃力、属性値、改心率などなど、様々な数値が全てランダムに決定される

ギャンブル性の高い武器何ですが爺もいっちょ試してみるかと思い、軽い気持ちでチャレンジ。

んで、何個か作成するもリアルラック【恐慌】が付いている人間にまともなモノが出来るはずもなく、

早くもカプコンに要望書を出そうかと考え始めた矢先、とある事が起きまして。

爺は武器作成時のムービーは何となく緊張感が好きだったので飛ばさずに見ておりました。

するとそんな中、いつも金槌を持っていたネコ達が何と爆弾を振りかざしているではありませんかっ!?

そして親方ネコがその光景を見て驚愕し、時間がスローモーションに流れ出す・・・。



振り下ろされる爆弾・・・



必死に止めようとする親方ネコ・・・



そして工房内に響き渡る爆音・・・



『コレ、もしかしてフラグか!?フラグなのかっ!?』と期待で思わずリアルに声が漏れてしまうほどの

喜びを噛み締めながらゆっくりとネコが差し出すキラキラしたものを眺めておりました・・・。

コレで・・・コレでやっと『リアルラック【不具合】何ですか?ザマァwww^p^』何て言われないで済む!!

と震える手を深呼吸で止め、緊張の一瞬・・・。










ポチッとな。
















mhf_20110130_020841_078.jpg

















・・・。


















・・・。






























mhf_20110130_020841_078.jpg



















工房にて1




・・・さてと、要望書ではなく『不幸の手紙』でもカプコンに送り付けてきますかね・・・|||orz
スポンサーサイト

[edit]

CM: 8
TB: 0

page top

2017-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。