画像のタイトル

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

本当にあった哀しい話ーMHFG編ー 

2013/04/30
Tue. 14:49

稲川2


これは私の友人が経験した話なんですが・・・。

つい先日、彼は友人達と一緒に覇種パリアプリアに行ったんだそうです。

それまでにも何回か行った事があり、苦い経験も幾度かしていたので油断等はしておらず、

むしろ慎重に慎重を重ねて準備もしていたそうです。

『パァ~プゥ~』なんていういつもの何だか気が抜けそうな音とともに狩りが開始されて、

そしてまたいつもと同じように、

涎と血で物凄い異臭を放っていそうな獲物がいる洞窟へ飛び込んで行ったんです。

稲川5


ただ、この日は何だか少しいつもと様子が違ってたんですよ。

いつもなら喰らってしまいそうな攻撃もヒョヒョイと避ける事が出来、

今までに無い速さでスタンも取れちゃいまして。

「おかしいなぁ、今日はやたら調子いいなぁ~」と少し訝しげる程上手くいっている。

ただ、まぁ、上手くいかないならともかく、調子が良い分には悪い事はないだろうと自分を納得させつつ、

気を良くして薄気味悪い顔で走り回るパリアプリアの顔面目掛けて鈍器を振り下ろしていたそうです。

けれど、そんな風に意気揚々と攻撃してた時にふと油断をしてしまい、

パリアが振り返った際にその巨体に巻き込まれこかされて改めて何か違和感に気付くんです。

稲川1


「あれぇ?おかしいなぁ~。何かいつもと違うなぁ~。」と。けれどそれが何なのか分からない。

頭の隅っこの奥の方で何かがザワザワと囁く様な気配がするが、それが何なのかどーにも分からない。

「多分今までが良過ぎたから、単に攻撃を受けちゃって違和感があるだけなんだろう。」なんて

自分にとって都合の良い解釈をしつつも、そのまま攻撃を続けたんですが、

運悪く、丁度自分の体が鈍器を振り終え、硬直した瞬間にパリアと目が合ってしまったんですよ。

ここぞとばかりにその得体の知れない赤く鈍い光を帯びた目は明らかにコチラを狙ってる。

その瞬間に彼は静かに覚悟したそうです。

稲川4


「あぁ、これは喰らうわぁ。でもまぁ、起き上がって直ぐに回復薬飲んだら何とかなるだろう。」と。

そしてその凶暴な牙を剥き出しにしたまま飛び掛ってくるパリアを横目に道具袋に目をやった・・・

と、思ったら自分が見えているはずの視界が何だかおかしい。

耳元では妙に耳に付く『ディドゥーン』と響く音がしたかと思うと、

遠くからは聞き覚えのある『ニャァニャァ』という鳴き声・・・。

気が付いたら彼は何とも味気ないおんぼろの荷車に乗せられ、

砂浜にまるでゴミでも扱う様に投げ捨てられていたんです。

その瞬間に彼はやっと今まで感じていた違和感の正体に気づくんだ。

本来纏っているはずの薄いオレンジ色したオーラの様なものが自分から出ていないと。

『そうだ!アレが無いんだっ 飲んだと思ってたはずのアレを飲み忘れていたんだっ』と半ば半泣きになりながら

慌てふためき道具袋を漁り始め、本来まだそこにあってはいけないはずであるアレを探すけれど、

それがどこにも無いんだ。ジィーッといくら見つめようとソレはどこにも無い。

稲川7


何度も何度も道具袋を見回しても、陰も形も見当たらない。

そうして自分がやってしまったミスを痛感し、

頭が真っ白になるのを自分で理解しつつも、彼はそっと呟いたそうです・・・。








稲川8

「みなもと忘れた・・・。」と・・・。







稲川9

・・・彼はその後、友人達に見守られながらそっと、3乙したそうです・・・。

スポンサーサイト

[edit]

CM: 6
TB: 0

page top

MHFGの感想。

『食材は凄く美味しそうなのに

何をトチ狂ったかむちゃくちゃな調理をしてしまった事で

何とも言えない奇妙な味の料理が出来上がる』


そんな風に感じた、とある春の午後。

[edit]

CM: 6
TB: 0

page top

さて、今日はまず一枚の画像からみて頂きたい。












最後の宴

そう、いよいよGも間近に迫った
MHFで開催されているコチラのイベント・・・





コース開放

あ、いや。そっちじゃない。
色々と凄い
がそっちじゃぁ、ない。




闇ヌコ

この闇猫団イベントと称された告知画像なのだが、
明らかに不可思議な画像
となっているのはお分かりだろうか?


・・・え?分からない?なるほど、
では少し分かり易くしてみよう。






マーク

このチェックした部分に生えている謎のシルエット。

実はこれ、かつて実装されてきた
ヌコの画像と見比べて頂くと・・・

ポカヌコピックアップ

そう。こんな場所にヒゲは生えていないのである。

これは現存する全てのヌコの
どのシルエットにも当てはまらないのである。

そして更に、
一枚目の画像にあるうたい文句がコチラなのだが、

何か


この二つ、

今まで見た事無いシルエットのヌコ画像。

そしてモンハンのラストを飾るであろう大型企画

この二つのキーワードから
導き出される解答。それはつまり・・・















キバヤシの暴走






と、そんな夢を見たいので
全力でバッヂ集めをしてみようと思う。

[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

無題






(ФωФ)「・・・。」





(;ФдФ)「・・・!!」








チョキチョキ・・・    ペタペタ・・・
























ポカヌコ








ガタッ((ФωФ))「!?」



どーやらヌコがG級に興味を
持ち始めた様です。

[edit]

CM: 12
TB: 0

page top

どもども、季節の変わり目なのか天候が優れませんが、皆様如何お過ごしでしょうか?爺です。

まぁ、仕事以外で外出する理由が皆無な爺にはそこまで支障ないんですがにw

さてさて、そんなリア薄なおっさんのモンハンの話。

遂にMHFGが見え隠れし始め、F5で予定されていた覇種も全て実装されたわけなんですが、

爺がF5開始直後から考えていた弓装備がやっとこさ完成の日を迎えました。

そんな誰得感がいつも通りプンプン匂いまくるヌコ装備がコチラ↓↓





与一に憧れたヌコ貫通




与一に憧れたヌコ拡散




与一に憧れたヌコ





えぇ、いわゆる珠とスキルカフ換装して出来る汎用装備になっちまったわけなんですが、

これは色々とシミュした結果、必要とされる素材数に吐き気を催したので

最小数で作れるお手軽得装備と相成りました。

それでもまぁ、ここの至るまでに色々と苦悩とかもあったりしたんで、それなりに思い出深い装備ではあります。

黒コゲになりながらドラとインファイトかましたり、テオさんをDENさんと二人で泣き叫びながら狩ったり・・・。

まぁ、苦労した分だけ思い出も詰まっていくもんなんですが、爺のレベルでは正直ここら辺りが限界かなぁ~と

考えていたりします。覇種にしたってみなもと不使用で倒せるのは

覇種の中でも最弱と名高いオディのおっさん程度・・・w

昔はこのモンスターを倒すためにこの武具がいる!的な雰囲気があった気がしますが、

最近ではむしろどんな装備だろうがタイムアップであったり、みなもと前提の超火力であったりと、

残念PSのヌコではとてもじゃないですが、クリア出来る気すらしませんw

んでも上手い方はしれっとソロ討伐とかされちゃってますので

一概にバランスおかしいだろwwとは言えないのですが、なんかこう・・・ちょっとモヤモヤしたりしますw

んでも覇種は全て行く気すらおきないかと言われれば、そうでもなかったりしますので

自分なりにモチベを保つ方法を考えつつのんびりとGを待とうと思います。








mhf_20130301_142039_888.jpg



とりまモチベ維持のタメの最優先事項である、この弓の作成に頑張ってきます!

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

2017-06

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。