画像のタイトル

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

昨日、自転車で帰ってる途中で側面から自転車と衝突したんですが、

コッチは咄嗟に踏ん張ったのでこけずにすんだのですが、相手側の女性がこけてしまったので慌てて立つのを手伝って

「怪我とか大丈夫ですか?^^」と聞いたところ、

「えぇ、大丈夫です。そちらも大丈夫でしたか?」と少し目線逸らしながら答えられまして。

あぁ、きっと夜に知らないおっさんとぶつかってしまって変なイチャモンとかつけられるのが怖いんだろうなと思い、

「あぁw全然大丈夫ですよ^^」と、出来る限り丁寧な返答をしてその女性が走り去るのを見送りまして。

そして、さぁ、自分も帰ろうってなって自転車に乗りましたら

前輪が完全に歪んでましたw /(^o^)\オワタ

あぁ、女性はきっとコレ見ながら話していたんだなと、そっと夜空を仰ぎながら理解しましたw爺です。



さて、そんなちょっとセンチメンタルでバカな男のモンハンの話。

色々と問題を残しつつ終演となった韋駄天ですが、爺の最終結果は・・・





mhf_20111031_012038_250.jpg


となりました。

タイムについては個人的にはやれるだけの事はやったと思うので仕方がないとは思うのですが、

いかんせん今回はそれ以外の部分で悩まされる事が多かった回となりました。

体力の多さや、モンスターの種類等は選んでる側にもきっと何かしらの理由がある(なければ許さない)と思うので、

あまり触れないですが、ランキングが更新されない不具合についてはやはり不満は感じざるえません。

これがもし事前に公表されていた仕様なら恐らく文句言いつつも受け入れはしていたと思います。

実際問題、途中結果が見れない事が怖いわけではなく、この大会が正式に執り行われているかどうかが爺は一番恐怖でした。

途中結果が見れないだけならまだ『ドキドキ感』で済ませられるとは思うのですが、

この競技自体が不具合にされかねないという状況は『不安感』でしかないんですよね。

この違いは個人的には大分違うのではないかと思います。

まぁ、ブログ上で愚痴ったところで何かが改善されるわけではないのでこれ以上は口を紡ぎますが、

それ以上に気になった点がありました。

それはランキング表示が不具合だったとU営が発表し、その対応についてHP上で表記された内容なんですが、

補償については書かれているがその原因については一切語られていない。という点です。

これってなんていうか、「補償さえすれば貴方方は満足なんでしょう?^^」的な対応にしか見えず

何だかモヤモヤとしてしまいました。

原因が分かっていて発表しないのか、原因が分からずに発表できないのか。この違いで全く意味が変わってきますが、

どちらともに言えるのが「運営・管理している側の責任を軽んじている」ということだと思います。

今後、こーゆー事がまた起こらない事を信じつつこれからも参加はしていきたいですが、

一抹の不安を残してしまった回だなと、つくづく残念に感じました。

んま、何はともあれ、今回も韋駄天に参加された皆様、

おつかれさまでしたっ!っしたっ!!















(学生時代には単なる名曲だったのが、この歳になって聞くと泣き唄になってましたw)
スポンサーサイト

[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

韋駄天お疲れ様でした!

私はいつも通り自分との一発勝負韋駄天でしたので、お疲れ様と云われる筋合いはないのですが・・・

今回のランキング表示不具合は自作と見ました!!

現在の自分の順位のわからない不安感を煽り狩人タチの精神を蝕む行為



その名も・・・

放置プレイ!!

その苦しみがやがて快感に・・・・

GAL&DO #- | URL | 2011/11/04 12:18 * edit *

Re: タイトルなし

>親方

韋駄天おつかれっしたっ!!
いぁいぁ、韋駄天一発勝負とか
チキンでガラスなハートの爺には絶対出来ないので
尊敬しますですよ><;

しかし今回の仕様は本当に胃が痛くなりましたなぁw
放置プレイ・・・
新しいSプレイをU営が編み出したと言う事か・・・ゴクリw

しん爺 #- | URL | 2011/11/04 22:47 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

page top

2017-08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。