画像のタイトル

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

どもども。今日はちとモンハンの記事ではありませんし、

読んでてあまり楽しい記事ではありません。

ではなぜそんな記事を書くのかと言われると一部の方に非常に心配をかけてしまったので

その近況報告を含めての記事だと考えて頂ければ結構です。

文章もいつも以上に支離滅裂しそうな感じがしますので折り返しにします。

なので、これ以降の文章を読まれる方はその点を踏まえて読んで頂ければ幸いです。
19日と20日の境辺りだったと思いますが、いつも通り爺がいつも通りモンハンで楽しんでいた時に

一本のTELが入りました。

内容は母方の爺の祖父(こんな言い方するとなんだか百歳軽く超えてる超人っぽくなってしまいますが、至って普通のじいちゃんですw)

が倒れて病院に運び込まれたとの事。

最初爺は何言われてるのか全く分からずコン握ったまま暫く思考停止。

けど、すぐに事態の重さを理解し丁度一緒に遊んでいたレナっちと樹里さんにお詫びと軽く事情を説明してすぐに

ログアウト。

その後家族と共に急いで病院に向かいました。

状況としては夜に突然心臓停止し、そのまま救急搬送されたとの事でした。

京都から大阪までの約一時間程度でしょうか、不安を背負いながら病院の集中治療室に入ると、

そこにはじいちゃんと一緒に住んでいたばぁちゃんと伯母、そして治療ベッドの上で機械に繋がれたじいちゃんの姿が。

医師と看護婦さんが治療ベッドから離れ、鎮痛な面持ちで立っていたのを見た時には全てを悟りましたが、

それでもまだ心拍数を示したモニターにはじいちゃんが生きてる証でもある数字が照らし出されていました。

家族で必死に呼びかけるも、ずっと目を伏せたままのじいちゃんと徐々に減っていく数字。

爺達が到着後のわずか数十分後には静かに、そして穏やかにその生涯を終えました。

楽観的な考えすぎるかも知れませんが、きっと爺達が来るのを待っていてくれていたんだと思います。

元々、4,5年前にも一度倒れた事があり、その時にもダメかも知れないと言われていたにも関わらず、

奇跡的に一命を取り留めました。

ただ、そこから体調が一気に崩れていき、いつその時が来てもおかしくはない状況ではあったので

家族全員どこかで覚悟はあったと思います。

それでもやはりいざその場面に直面するときついものがあり、母達は泣き崩れていました。

その後、処置のために廊下で待っている間に今後の事についての話し合いや打ち合わせを済ませ、

夜中だったこともあり、葬儀屋の方が来られるまでの間、じいちゃんを病院の霊安室で待たせてもらえる事に。

ただ、家族が少なくとも一人はいなければならなかったのですが父は家族の送り迎え等もあったため、

母親と爺が一緒に残る事に。その時に色々と昔話を聞かせてもらいました。

根っからの頑固な性格の為色々と苦労していた事。

爺が生まれた時に実はじいちゃんは昔、母の弟を3ヶ月で亡くしていたため、

自分の家系でやっと生まれ育った爺を本当に嬉しく思っていた事。

確かに爺の知ってるじいちゃんは本当に親馬鹿ならぬ爺バカでしたw

当時、本当に手の付けられない悪ガキだった爺を満面の笑みで許してくれたじいちゃんしか爺の記憶にはありません。

でも、不精ヒゲを嬉しそうにこすりつけてくるじいちゃんは嫌いでしたww

そんな昔話に華を咲かせながら葬儀屋が来るのを待ち、式場に送って貰った後、

今後の段取りの話し合いを済ませ、一路家に帰宅。

帰ってからはほっとんど睡眠をとれていなかった事もあり、気がついたら意識が飛んだように眠り、今に至ります。

そしてツィッターで軽はずみにつぶやいてしまい、フレの方達にいらぬ心配をさせてしまった事を申し訳なく思い、

今こーやって事の顛末を綴っております。

本来ならば爺はリアル私情は笑えるネタ以外は書かないでおこうと思っていたのですが、

あのつぶやきでは流石に大雑把過ぎると感じたので出来る限り現状をお伝えだけでもしておこうと、

画面と向き合っております。

ご心配をおかけした、フレの皆さん。とりあえず爺は元気ですw

確かに辛い出来事ではありますが、少なくともじいちゃんの死は不幸では無かったと思っています。

自分の大事な人たちに囲まれ、静かに終わりを迎えたじいちゃんの寝顔はとても安らかでした。

それを見れて爺も安心して見送る事が出来ます。

モンハンの方も残念過ぎるほどゲーム狂いのダメ人間ですので、隙あらばオンしてると思いますwww

なのでまた見つけた時には『おぃwwアイツなんで今ゲームしてんのwww』等と罵ってくれれば幸いですw

ではでは、長文な上に非常にお見苦しい内容になっていしまい、本当にスンマセンw

また次回からはいつもの残念過ぎるバカブログに戻りますのでwではではw








スポンサーサイト

[edit]

CM: 7
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2012/11/21 10:20 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2012/11/21 11:37 * edit *

ご祖父様がご逝去されたのですね。謹んでお悔みを申し上げます。

祖父と言うのは、どうして孫がなにをしてもニコニコ笑って許してくれるのでしょうね。

間に合ってよかったです。
爺様の声は聞こえたと思います。

雪 #- | URL | 2012/11/21 12:30 * edit *

辛いことだけど

幸せって、こういう事なんだと思える。

DEN983 #- | URL | 2012/11/22 08:41 * edit *

Re: タイトルなし

>雪さん

ありがとうございます。

ほんとにじいちゃんはどーしてあんなに優しくなれるんでしょうねw

爺の声が届いたかどうかは真相は分かりませんが、
少なくとも静かな笑顔で旅立ったじいちゃんは
幸せだったと思います。

しん爺 #- | URL | 2012/11/22 23:39 * edit *

Re: タイトルなし

>DENさん

うん。少なくとも自分なら
こーゆー最後を迎えたいと思えるような事だったので
じーちゃんは幸せだったんだと思う。

しん爺 #- | URL | 2012/11/22 23:41 * edit *

Re: タイトルなし

>ひっそりとコメしてくれた皆様。そして拍手コメで書いて下さった方へ

あ~、え~とwまずこーいった時、基本返信等をするのは
マナー違反かな?と思いましたが、
やはり感謝の言葉だけでも伝えたいと思い書きます。

湿っぽい記事に凄く心温まる返信をしてくださり、
本当にありがとうございます。

こんな駄目なブログ、略して駄ログですが
これからも何卒宜しくお願い致します。
あ、次コメされる時には是非お名前も出して頂いても・・・
え?こんなブログ読んでるのがばれると恥ずかしい?
ですよね~~~www

しん爺 #- | URL | 2012/11/22 23:49 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

page top

2017-06

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。