画像のタイトル

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top



何だか記事がもはや韋駄天の事しか描いていない気がするのはきっときのせいでしょう。爺です。

え?前回の記事が韋駄天のタイムの画像だが。って?

アーアーナニモキコエニャイ (∩ФдФ)∩ ナニモキコエニャイ

とまぁ、何はともあれ第二回フルフル韋駄天も終わったわけなんですが、

正直、自分の中ではかなり頑張れた回ではないかと。

まずガチ韋駄天だったので戦法の時点でそこまで大差は開かないと感じて、

後はただひたすらにフルフルの頭に矢を当てるだけの簡単なお仕事。

・・・と、思っていた時期なんて全く無かったんですがねw

まぁ、予測出来たとはいえ、これが非常に難しい。前回のフルフルで理解出来ていたはずなのに



安西先生1

状態でしてw

それでもまぁ、やれることは全てやった感はあったので、気持ちよく最終日は就寝したんですが・・・

今日、仕事帰ってからトップランカーの方の動画見て愕然としましたよ・・・w

同じガチでここまで違いを見せ付けられるとほんともう弓持つのやめようかとww

ちょっとでも近づけたかな?と一瞬でも思った自分がほんとに恥ずかしかったですw

それでもまぁ、満足行くまでやりきったとは思ってますのでこの悔しさをバネに次もまた頑張ろうかと!

ではでは!最後になりましたが、

韋駄天参加者の皆様、おつかれさまでしたぁぁあ!!



[edit]

CM: 2
TB: 0

page top

mhf_20130505_030408_540.jpg


タメ4をキチンと当てさえすればきっと正解なのだとタダひたすらに撃ち続けた者の末路がコチラのタイムです。

昇竜であり得ないタイム出された方、タメ3で爺よりも遥かに素晴らしいタイム出されていた方。

そんな方々の動画を拝見させて頂いた結果、

何一つとして上手い言い訳が見つからなくなりましたw

まぁ・・・その・・・なんですよ。

もうちょっと頭使おうな、自分。

兎にも角にもGが始まって初の韋駄天は悔しい結果となってしまいましたが、

これはきっといつかの糧になるはずと信じてそっと記憶に残そうかと思います。

ではでは、

韋駄天参加された皆様。

お疲れ様でしたぁ!!

[edit]

CM: 4
TB: 0

page top




どもども、またしても結果だけをさらっと貼り付ける事になった韋駄天ですが、

爺の最速タイムは上記の様になりました。

結果だけみればトップの方々からは2倍以上かけ離れた散々たる結果。と言われてしまうかもしれませんが、

この結果はまぁ、ぶっちゃけある程度想像は出来ておりました。

『じゃあ、何故参加したの?w』とか『過去に仮にも圏内入った人間がだらしないマネすんなやw』とか

どこからか聞こえてきそうな感じもしたりしなかったりしますが、

韋駄天が好きなんだからしょうがないwww

確かに結果は気になります。もちろん高順位がとれたらより一層嬉しいと思います。

けれど、爺にとっての韋駄天はそれ以上にワクワク出来る事があるコンテンツです。

だからこれからも凹みながらでも、カッコ悪くても、足掻いていこうと思います。

ってな強がりを言ってみたところで今回の韋駄天は終わりますっ!


最後に、


韋駄天参加者の皆様お疲れ様でしたぁぁ!!

[edit]

CM: 6
TB: 0

page top

mhf_20130207_211512_288.jpg


どもども、最近は更新がめっきり減ってきました。爺です。

書こうと思っている事とか描きたいなぁ~と思ってる事なんかは色々とあるんですが、

いざブログ更新の画面になるととたんに指が止まります。

まぁ、誰かに急かされるものでもないですので書きたい時に描けばいいのですが

無い脳味噌を振り絞って書こうとするとろくな事にならないのは分かりきってますので

暫くは今まで以上にまったりペースになるかもしれません。


と、前置きはこの辺にしといてとりまトップに貼り付けた韋駄天の結果についてですが、

なんとまぁ、見事に公式圏外の境目に無事?着地しますた。

今回の韋駄天では休みの都合とかモンスターがアビだったのもあり、かなり楽しく出来たわけなんですが、

過去最高の順位というわけには行きませんでした。

それでもまぁ、韋駄天をやり始めた当初からすればかなり高位置につけてはおりますし、

あのタイムでこの順位なら正直出来過ぎな感もありますので特に凹みはしておりません。

ただまぁ、一つ言えるのはやはり戦術の詰めが圧倒的に甘いと言ったところでしょうか。

いつもいつもトップランカーの方々の動画を見て思うのは技術はもちろんの事、その圧倒的な無駄の無さですね~

如何にして無駄を省くか、これが爺は根本的に欠如しているように思えます。

ここら辺は「やっていれば慣れる」的な培われてきた技量ではなく、

ただただ豊富な知識と柔軟な思考力の問題ですので

ブルファンゴよろしくの脳筋しか持たない爺にはいささか無理な気はしておりますw

とまぁ、かなり普通に韋駄天を振り返ってみたんですが、文章のテンションの低さが異常w

これ以上はご来場された方々を不快にさせるかもしれないので今日はこの辺で~












































ってか、ぶっちゃけ。

みなもとソロで五回撃退した覇ドラで

一個も素材出ないからだけなんですけどねーっ(涙目)

[edit]

CM: 8
TB: 0

page top

mhf_20130127_222624_162.jpg


どもどもwご無沙汰しております、爺です。

さて、まずはさらっとタイムを貼り付けた訳なんですが、そうです。第61回韋駄天が始まって、そして終わりました。

いつもなら適当に記事を書いたりするんですが、今回の相手はあのアビグオル。

何を隠そう爺はこのモンスターがけっこう好きでしてw

巷では動きがヌルヌルしてて気持ち悪いとか、攻撃が当てずらいからつまらないなんて評判も聞きますが

こーゆー思いっきり恐竜じみたフォルムとかノッシノッシと歩いてくる姿とかカッコイイんですよね~

それになんていうか天候司ったり超能力で岩浮かしたりして隙はない!キリッ

みたいな万物の頂点に君臨してそうなモンスターよりも生物と戦ってる気がするんですよ。

てなわけで、今回はブログも放置して挑んだわけなんですが、

まぁ、結果は『好きだからと言って結果がついてくるわけではない』てな感じでしょうかw

戦術うんぬんについてはもはや語る言葉すら見当たらない様なガチ戦でしたので割愛、武器は月見弓でした。

トップの方々の動画はもはや何をしているのかも分からないほどかけ離れたものでしたが、

自分なりには満足した結果ではあります。

弓が好きでもっと弓の事を知りたくてやり続けている韋駄天ですが、まだまだ知らない事の方が沢山あるようですw

それでもこれに懲りずにまた次回も頑張っていきまっしょい!

ではでは、

韋駄天参加者の皆様、お疲れ様でしたぁ!!

[edit]

CM: 4
TB: 0

page top

2017-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。